葉酸摂取の海外事情

ここ数年は「葉酸」という言葉自体、有名になってきているので知っている人も増えてきているようですが、まだまだ日本は諸外国と比べると遅れているようです。アメリカでは1992年に子供を産める年齢のすべての女性に、神経管欠損症予防の為に1日あたり400μgの葉酸摂取が公衆衛生局で推奨されています。

 

ハンガリーでも1992年から、その翌年にはカナダやニュージーランド、南アフリカでも同様の取り組みが開始されました。1994年にはイギリスで葉酸摂取の勧告と指導が始められています。

 

日本では2002年度から使用される母子手帳に、妊産婦の葉酸摂取に関する記載を任意記載事項として追加するように厚生労働省で決定されました。私が初めて妊娠したのは2010年。もちろn母子手帳には葉酸を一日400μg摂取することを勧める文章が入っています。

 

私は一人目の妊活中に知っていたので、葉酸を摂取していました(天然ですけど・・・)。

 

妊娠がわかって、お医者さんに葉酸について教えていただいた時はやっぱり摂取しておいてよかったんだなー!となんだか感慨深かったです。

 

とはいえ、葉酸は母子手帳をもらう時期よりも早くからしっかりとるべき栄養素。妊娠するよりも前の段階で、葉酸の必要性を学べる機会が欲しいですよね。

対応が遅れた日本の状況

ということで日本は欧米に較べ、約10年ほど取り組みが遅れています。しかも食生活の変化によって食事からの葉酸摂取量は年々減少傾向で、二分脊椎の発症率も増加傾向にあるので、葉酸を積極的に摂らなければならない状況のようです。しかし当サイトでも説明してきたように、継続的に必要量を食事からとるのは難しいのです。

 

その点サプリメントなら手軽に確実に、葉酸を補うことができるので便利です。サプリ大国アメリカでは、グミやキャンディータイプのビタミン剤が子供用に販売されているそうです。成長期の子供たちのためにシリアルやパン、パスタなどにも葉酸を使用することを薦められているんだとか。

 

DNAの生成を助け、細胞の成長・分裂の働きを助けてくれる葉酸は、プレママにも、妊婦さんにも、赤ちゃんにも子供にも、とっても大切な栄養素。日本でももっと広く周知が進むといいですよね。

 

>> 確実に葉酸を摂取できる葉酸サプリはこちら