貧血の自覚症状、ありますか?

さきほど鉄分が不足しがち、というお話をしましたが、ここでは貧血について説明しましょう。

貧血というと目まいや立ちくらみ、それから動悸・息切れ、といった症状を思い浮かべますよね。
症状が出ればもちろん自覚できますので、鉄分サプリを飲んだり、病院で鉄剤が処方されたりと対応することができます。

貧血?隠れ貧血?

ところがこの貧血、自覚症状が出ない場合もあるんです。
それが「隠れ貧血」。

一般的に貧血かどうかの判断は血液検査の中のヘモグロビン(Hb)というところを見ています。
ヘモグロビンの値が正常なので貧血ではない、とは言い切れないのです。
ヘモグロビンとは、血液中で酸素を運ぶ働きを持っている鉄のこと。
簡単に言うとすぐに買い物とかに使うことができる、手元にあるお金です。

隠れ貧血とは?

鉄分はこれだけではありません。
貯蔵鉄と呼ばれる鉄、「フェリチン」というものが存在するのです。
フェリチンはさしずめ、貯金しているお金ってところですね。
足りなくなったらそこから引き出して使うのです。

つまりヘモグロビンが足りていても、貯金であるフェリチンが足りなければすぐにお金が底を尽きてしまう可能性があるのです。
ヘモグロビンの量は常にフェリチンから補給を受けて一定の量を保つようになっています。
なのでヘモグロビンが足りないということはかなりの事態ということ。
そういった事態を避けるためにも、血液検査ではフェリチンの値も調べるようにしましょう。
この二つの値を調べて、初めて鉄欠乏性かどうか正確な判断を下すことができるのです。

ちなみにフェリチンの値が正常でヘモグロビンが足りない鉄欠乏性の貧血ではないと判断されます。

貧血かな?と自己判断で鉄サプリを飲む場合、必要以上に鉄分を摂取しすぎると体によくありません。
それに貧血でも鉄欠乏性以外にも原因があります。その場合は鉄分をとっても改善にはつながらないのです。
ちゃんと検査を受けて、摂取するようにしましょう。

女性は毎月の生理や妊娠・出産・授乳で貧血になりがちです。
気になるようであれば血液検査をして、鉄分を摂取してみた方がいいでしょう。