パッケージの成分表示をしっかり確認しましょう

葉酸サプリを選ぶ際はホームページや広告の華やかな宣伝文句や体験談ばかり重視せず、是非じっくりと見てほしいものがあります。それは商品のパッケージです。

 

それもきれいにデザインされた表側ではなく、味気ない文字と数字がならぶ、地味な裏面こそ重要な情報が書かれているんですよ。サプリのパッケージ裏面からは次のような情報を読み取ることが出来ます。

サプリのパッケージ裏面から読み取れる情報
  • 原材料は何?
  • たくさん(少しだけ)使われている原材料は?
  • 栄養素は天然?合成?
  • 添加物は何が入っているの?
  • 栄養素の配合量は?

「パッケージなんて買わないと見れないんじゃ?!」なんて心配もいりません。今ではネット上にたくさん商品写真がアップされていますからね。
もちろんこのサイトでもすべての商品のパッケージを掲載してます。

 

例えばGoogleの検索窓に「ベルタ葉酸サプリ 成分表」と入力し、画像検索してみてください。するとベルタ葉酸サプリのパッケージ裏面の写真がたくさん見つかるはず!じっくり見てみるとベルタ葉酸サプリのことが今以上によく分かるようになりますよ。

 

具体的にどんな点に注目しながら見ればよいのかご紹介します。

 

原材料名の見方

まず始めに原材料についての情報をどうやって読み取ればよいのか、紹介します。

 

サプリメントはJAS法に基づき必ず以下の6項目をパッケージに表示することが義務付けられています。Google検索した画像、またはご自宅にある適当なサプリのパッケージを確認してみてください。

JAS法に基づく表記

  • 名称 
  • 原材料名 
  • 内容量 
  • 賞味期限 
  • 保存方法 
  • 販売者

2番目に「原材料名」という項目が見つかったはずです。

 

ここにはそのサプリに使用された全ての原材料が記載されています。また重量の多いものから順に記載することになっていますので、「記載の順番」を見れば何が多く入っているかはすぐにわかりますよね。

 

もし先頭の方に添加物ばかりが並んでいるようだと、そのサプリは添加物がほとんどを占める粗悪品という事になってしまいます。こういったサプリは実際存在しますから、パッケージの見方を覚えて、選ばないようにしましょうね。

 

天然原料から作られたサプリの場合、原材料名の先頭の方に食品や天然素材の名称が記載されているはずです。

 

原材料名に何がどんな順番で記載されているかは、そのサプリの特徴そのものということ。

天然栄養素か?合成栄養素か?も分かる

実は同じ栄養素でも合成栄養素と天然栄養素では、原材料名の記載が異なってきます。

 

女性100人の声から生まれた葉酸サプリの原材料名

天然栄養素の場合は栄養素を抽出した原料名(アセロラ、大豆などの食品名)が記載されます。一方で合成栄養素の場合は「ビタミンC」や「葉酸」などと栄養素名が直接記載されるんです。

 

原材料名に「葉酸」と記載があれば、それは合成葉酸のことだと考えてよいでしょう。

 

サプリを選ぶ上でとても役立つので、原材料名の見方、ルールについて覚えておくと今後も役立ちますよ。

 

栄養成分表示の見方

次に栄養成分表示について見てみましょう。サプリメントは食品として、熱量・たんぱく質・脂質・炭水化物・ナトリウムの表示が健康増進法により義務付けられています。

 

そしてその他の栄養素の量については、法律上は表示の義務がありません。製造者の自主性に委ねられているのです。それなのに、この部分の表示が不十分なサプリメーカーが多いのが現状です。

 

私たち消費者の立場からすれば、どんな栄養素がどのくらい入っているのか?という情報はサプリメントの安全性や効果を考える上でとても重要な情報になるんですけどね・・・。

 

消費者が必要とする情報を商品に表示しているかどうかはメーカー(販売会社)の商品・消費者に対する意識が表れる部分だと思います。

 

またメーカーとしても他社製品と差別化を図る意味でも、商品に自信があれば積極的に表示するはずとも考えられます。つまりメーカーの自主表示がされているサプリは、製品の信頼度が高いと考えることも出来るわけです。

 

情報開示が不十分なメーカーの製品は選ばない、というのもサプリ選びにおいては1つの大切な基準になるでしょう。