ビタミンには全部で13種類ある

ビタミンは糖質、タンパク質、脂質、ミネラルとともに五大栄養素の1つ。体の調子を整えるのに欠かせない栄養素で、次の13種類があります

13種類のビタミン一覧

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ニコチン酸(ナイアシン)、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK

ビタミンやミネラルは微量栄養素といい、タンパク質や糖質、脂質などと違って必要な量はごく少ないのが特徴です。体内では主に他の栄養素が円滑に働くための潤滑油的な役割を果たしています。

 

体内ではほとんど作れないビタミンは食品からバランスよく摂取する必要がありますが、偏った食生活が原因のビタミン欠乏症により多くの死者を出すことも昔はめずらしくありませんでした。

 

本当は怖い?潜在性ビタミン欠乏症では日本や外国で起きた、ビタミン欠乏症による惨事を紹介しています。興味がある方はぜひお読みください!

 

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンとは?違いは?

ビタミンには水に溶けやすい性質を持つ水溶性ビタミンと、水には溶けずに油に溶けやすい性質を持つ脂溶性ビタミンがあります。両者の特徴とそれぞれに属するビタミンの種類は次のとおりです。

水溶性ビタミン

水に溶けやすく、摂取してもすぐ尿や汗とともに排出されるため体内に蓄積しておくことが出来ません。毎日の食事やサプリメントで必要量をしっかり摂取しつづけることが大切です。

 

水溶性ビタミンは9種類あります。葉酸も水溶性のビタミンになります。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ニコチン酸(ナイアシン)
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ビオチン
  • ビタミンC

脂溶性ビタミン

水溶性ビタミンと異なり内臓や皮下脂肪などの脂肪細胞に蓄積されやすく、体外に排出されにくい特徴があります。そのため脂溶性ビタミンの摂りすぎは過剰症の心配があるため注意が必要です。

 

脂溶性のビタミンは次の4種類です。過剰摂取に注意して適量を摂取するように心がけてください。

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

ビタミン発見の歴史

人間が古くから風土病や伝染病だと考えてきた病気のうち、ある特定の食物を摂取すれば防げる病があることが近代になって明らかになってきました。

 

その食物に含まれる、病気を阻害する因子としてビタミンが発見されました。

 

ここでは今の私たちにとってとても身近なビタミンであるビタミンCの発見までのストーリーを紹介します。

ビタミンCはこうやって発見された!

中世ヨーロッパ

中世のヨーロッパでは多くの人が壊血病に苦しんでいました。壊血病は歯ぐきや消化管など毛細血管から出血をきたす病気で、重症化すると死亡することもある恐ろしい病でした。

 

当時の人々は壊血病をとても恐れましたが、原因も治療法も分からずかかってしまったら諦めるしかない状況だったそうです。

 

そんな中18世紀の大英帝国海軍で船医として働いていたリンドという人物がある重要なことに気づきました。それは壊血病で倒れる兵士には下級兵が多く、階級が上がるにつれて少なくなるという事実です。

 

リンドは「兵士の階級によって壊血病にかかる確率に差がでる原因は、兵士が普段食べている食事にあるのでは?」と考えました。そこで両者の食事を比較すると、1つだけ大きな差があったそうです。

柑橘類が壊血病を予防していた!

柑橘類

それは柑橘類の有無でした。生鮮食品で貴重品だったレモンやライムなどの柑橘類は士官(階級が上の兵士)の食事には添えられ、下級兵には与えられていなかったのです。

 

そこで試しに壊血病に苦しむ兵士にレモンを与えてみました。するとみるみる症状が改善したことから、壊血病の原因はかんきつ類の摂取不足だと判明したわけです。

 

このことをリンドが報告書にまとめたのは1753年のことでした。その後科学の進歩によってビタミンCの化学式が明らかになったのが1933年。なんと180年もの年月がかかっています。

ビタミン発見の歴史は人類の財産

柑橘類が壊血病予防に役立つことは分かっても、その中のどのような物質が有効に働くのか?を知るには驚くほど長い時間がかかったんですね。

 

このように長い年月をかけて私たち人間は1つ1つビタミンを発見してきました。そう考えると今私たちが健康な生活をおくれるのは、先人たちの努力の結晶だと感謝しないわけにはいきませんよね。